知恵袋

知恵袋 知恵袋
知恵袋

トレーナー活動による年収は100万円以下が4割?アスレティックトレーナー(JSPO-AT)の7割は医療系資格などで生計を立てている

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)資格保有者の年収は501万円~600万円が15%と最も多い結果となっています。しかし、JSPO-AT活動のみの年収は100万円以下が約40%と非常に低い結果となっています。JSPO-ATマスタープランによると、7割が医療資格などによって生計を立てていることがわかりました。今回はアスレティックトレーナーの年収について考えます。
トレーナースキル

アスレティックトレーナーの契約書に必要な項目

契約書を作成しておくことにより、契約内容が明確になり、当事者双方の食い違いなどによる紛争を防ぐことができるメリットがあります。チームでの活動の前に、必ず契約書を交わしておきましょう。今回は、トレーナー業務の委任契約書の作成の際に、入れておくと良い項目をピックアップしています。
知恵袋

トレーナーは収入が不安定で老後が心配…それなら今すぐiDeCoを始めよう!節税効果、資産運用、老後資金

アスレティックトレーナーは業務委託契約であることがほとんどで、単年契約となり収入が不安定です。老後が心配という方も多いはず。「iDeCo」は節税効果、資産運用、老後の資金がすべて解決します!今回は、iDeCoのしくみについて紹介していきます。
知恵袋

業務委託契約のアスレティックトレーナーなら知っておきたい!社会保険のこと

個人のアスレティックトレーナーは業務委託契約でチームとの契約を締結することがほとんどです。その場合、トレーナーは自営業者やフリーランスと同じ個人事業主となり、雇用契約と比較して社会保険による保証が薄くなります。今回は雇用契約の会社員と業務委託契約の個人事業主の社会保険の違いについて紹介していきます。
知恵袋

英語サイトを一瞬で日本語に!SafariやChromeで簡単に翻訳する方法

英語サイトはSafariやChromeのブラウザの機能を使って簡単に日本語に翻訳することができます。これを使えば気軽に海外の最新情報を収集したり、海外の通販サイトから日本に取り寄せることもできます。今回は、英語サイトを日本語でサクサク読むためのブラウザの日本語翻訳機能の手順を紹介します。また、日本語にならない時の対処法も紹介しています。
知恵袋

アスレティックトレーナーなら知っておきたい!雇用契約と業務委託契約の違い

アスレティックトレーナーの雇用形態には、大きく分けて「雇用契約」と「業務委託契約」の2種類があります。チームに所属するアスレティックトレーナーは業務委託契約を締結するケースがほとんどです。今回は契約時に押さえておきたい雇用契約と業務委託契約の違いを紹介します。
知恵袋

マッサージが医療費控除になる条件|所得税と住民税の軽減効果

マッサージは自費だから割高感が否めません。しかし、医療費控除になるので、税制面では優遇されます。施術者が鍼灸マッサージ師か柔道整復師の免許を持っていること、治療としての施術であることの二つを満たす必要があります。今回はマッサージが医療費控除になる条件を紹介していきます。
スポンサーリンク