論文まとめ

論文まとめ 論文まとめ
スポーツ現場

サッカーのヘディングによる頭部への衝撃 Vol.3|用具に基づいた戦略編

IFAB規定の空気圧の下限のボールを使用し、試合ではボール圧力計を使用すべきです。またマウスガードを装着し歯を食いしばってヘディングすることで頚部筋群が収縮することがわかっていますが、マウスガード装着による頭部への衝撃減少のエビデンスは示されていません。ヘッドギアの保護効果については特定のメーカーやモデルに依存しています。
スポーツ現場

サッカーのヘディングによる頭部への衝撃 Vol.2|選手のスキルアップ戦略編

頚部筋力が高いとヘディング中の頭部への衝撃が小さく、頚部筋力トレーニングにより頭部への衝撃を減らすことができることがわかっています。ヘディングは額を使って行うことで頭部への衝撃が少なく、ヘディングをしなくても額の高さでボールをキャッチするなどで代替可能です。頚部の筋力強化をウォームアッププログラムに導入すべきです。
スポーツ現場

サッカーのヘディングによる頭部への衝撃 Vol.1|ゲーム戦略・チーム育成戦略編

ヘディング練習のような短時間で高頻度のヘディングは危険であり、高頻度のヘディングが引退後の認知機能低下につながる可能性があります。特に頚部の筋力が弱い、ジュニア選手、女子選手は特に頭部への衝撃が大きいことがわかっています。ゴールキックをヘディングで受ける際の頭部への衝撃が大きいことやショートコーナーやショートサイドゲーム(SSG)が推奨されることについて紹介しています。
スポーツ現場

【野球】スイングスピードを上げたいなら重いバット、軽いバットの素振りは禁止

打席に入る前のネクストバッターズサークルなどでは、試合用バットと同じかそれに非常に近い重量(±12%以内)のバットを試合と同等の高速で振ることはスイング速度を向上させることが明らかになっています。その際には試合と同等の速度で振ること、通常の可動域で振ることが推奨されています。また、普段の練習での素振りにおいても同様のことが言えます。
スポーツ現場

高校野球のバットスイング速度向上のためにメディシンボール使うべき理由

高校野球の12週間のトレーニング介入とバットスイング速度の関係を下記の論文を参考に解説しています。筋力トレーニングにメディシンボールエクササイズを加えると、筋力トレーニングのみを行った選手よりもバットスイング速度が大きく向上しました。その理由についても解説しています。
論文まとめ

筋トレ×有酸素運動で死亡リスクが40%減少⁉筋トレの理想の時間は週30-60分⁉論文で明らかに

筋トレと有酸素運動の組み合わせは、全死因死亡リスクを40%低減、心血管疾患による死亡リスクを46%低減することが明らかとなりました。また、週30-60分の筋トレがあらゆる死亡リスクを20%弱低減させることも明らかになりました。週130分以上の筋トレは
スポーツ現場

ストレートが多い投手はケガのリスクが高まる?球種や投球頻度による傷害リスクの違い

これまでも球種によって野球投手のケガの発生リスクが高まるのかは、議論されてきました。メジャーリーグ投手を対象とした研究では、肘内側側副靭帯の再建術を受けた選手はストレートの割合が有意に高いことが明らかとなりました。また青少年野球投手を対象とした研究では登板頻度の増加によるリスクが高いことが明らかになりました。今回は2つの研究論文をもとに考えていきます。
スポーツ現場

少年野球投手は年間100イニング以上投げるべきではない|投球制限の指標の一つに年間登板回数

少年野球投手は年間100イニング以上の投球でケガのリスクが3.5倍増加することが明らかとなりました。今回参考にしたのは2010年にアメリカスポーツ整形外科学会誌に掲載された論文です。しかし、この論文のケガ発生者は5.0%と少ないため、十分な有意差も示されていません。今回はその理由について記載しています。
論文まとめ

牛乳が「骨粗鬆症」の原因に?牛乳は摂取すべきか

骨粗鬆症や大腿骨骨折が多い国の人々が牛乳や乳製品を多く摂取していることがわかっています。牛乳や乳製品を多く摂取することが骨粗鬆症の原因に繋がっているのではないかという研究も散見されます。一方で、多くの研究が牛乳や乳製品からカルシウムやビタミンDを摂取することを推奨しています。この記事では、3つの論文から牛乳を摂取すべきかを検討しています。
論文まとめ

たんぱく質・プロテインの最新情報|筋トレなしでは効果なし!体重1kgあたり1.5gで十分!

レジスタンストレーニングと並行して総たんぱく質摂取量を増やすと、年齢、性別、ベースラインのたんぱく質摂取量、追加のたんぱく質摂取量に関係なく筋力が向上します。最大1.5g/kg/日までの摂取では0.1g/kg/日あたり0.72%の割合で筋力が向上し、たんぱく質摂取量が1.5g/kg/日以上に増えても頭打ちになります。プロテイン摂取のヒントにしてください。
スポンサーリンク