資格のこと

最短でプロ野球チームのトレーナーになる方法

プロチームとの契約は、そんなに簡単なことではありません。まずは、しっかりと球団の需要を見極めること。それができれば最短ルートでプロ野球チームのトレーナーになれます。球団のホームページにトレーナーの募集が出ています。最短でトレーナーになりたいのなら、第一に「あん摩マッサージ指圧師」の免許を取ること。第二に「はり師」「きゅう師」の免許を取ること。そして最後に「アスレティックトレーナー」の資格を取ること。
資格のこと

トレーナーに資格は必要か|トレーニング指導系資格から考える

トレーナーは資格がなくても名乗れる上に、国家資格のような独占業務でもないから、資格がなくてもなれます。ただしプロ野球やJリーグなど、トップアスリートを対象とするようなトレーナーの場合、資格保有を応募資格としていることもあります。資格がないと応募はできても、よほどの実績を持っている人でないと書類選考で落ちます。今回はトレーナーになるための資格を紹介します。
資格のこと

科目別出題傾向とテキストから分析|JSPO-AT理論試験の攻略法

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)検定試験は、今の試験形式になって15年近くが経ち、さらにここ10年近くは出題問題が公開されているため、以前に比べてずいぶん試験対策もしやすくなっています。今回は、理論試験に合格するための攻略法を独自の指数を用いて紹介していきます。
資格のこと

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)資格の取り方

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格は、取得の難易度が高いことで有名です。資格試験は毎年1,500人前後が受験して、合格者は200人程度。試験合格率15%前後の狭き門であることがわかります。合格率が低い理由として、アスリートを支えるトレーナーとしての資質の担保があります。JSPO-ATは、スポーツドクターやコーチと連携しながら選手を支える、スポーツ医科学に精通したマルチプレイヤーです。今回は日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格取得方法を紹介します。
資格のこと

【最短で】鍼灸マッサージ師になる方法【3年】

2020年に国内の20歳から99歳までの1,214人を対象とした調査では、マッサージの年間受療率は約20%で増加傾向、鍼灸の受療率は約5%で横ばい傾向とされています。とくにアスリートは身体疲労が溜まりやすく、疲労回復やケガの予防のために鍼灸マッサージを受療していることが多いです。アスリートにとって身近な存在である鍼灸マッサージ師。プロチームのトレーナーのほとんどが鍼灸マッサージ師の資格を持っている人たちです。鍼灸マッサージ師になる方法をわかりやすく解説します。
スポーツ外傷・障害

最高のパフォーマンスを引き出すコンディショニング

最高のコンディションで試合に出たことはありますか?いつもより体は動くし、自信もみなぎって、全く負ける気がしない。ある選手はゾーンに入るという表現をし、無我の境地にいる状態が最もよいパフォーマンスであるといいます。 そんな最高のパフォーマンスへと引き出すのがコンディショニングと言われています。それにも関わらず、「いつでも最高のパフォーマンスが出せます」という選手には会ったことがありません。コンディショニングは、そんなコンディションの波を可能な限り調整し、目標とする大会に最高のパフォーマンスを発揮するための取り組みと言えます。
論文まとめ

スポーツ医科学領域の研究論文の探し方|インターネットで簡単!無料!

時間もお金もない人でも、無料で世界の論文情報を入手できる方法があります。それは論文検索サイトから入手する方法です。この方法を使えば、時間も場所も選ばずに、無料で論文の情報を得られます。現場で忙しく活動しているけれども、最新の論文の情報も得たいという「欲張りな」トレーナーさん達、必見です!
スポンサーリンク