【トレーナー直伝】アイシング用アイスパックの作り方【スポーツ】

【トレーナー直伝】アイシング用アイスパックの作り方【スポーツ】RICE処置 トレーナースキル
スポンサーリンク

アイシングで使う氷はわかったんだけど、アイシングってどのように作るの?

アイシングのためには、アイスパックを作る必要があるよ。

具体的にどうやれば作れるの?

では、今回はアイシングの作り方を紹介するね。

わーい!

スポンサーリンク

救急対応に使用しよう

アイシングを用いる場面は、主にスポーツ外傷・障害が発生した直後の急性炎症を抑制する際や、疲労回復のためのリカバリーの際です。

救急対応については、下記の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

道具を揃えよう

アイシングをするための道具を紹介していきます。

氷の形状によって、使用する冷却したい部位を選択するケースもあると思います。

しかし、製氷機や調達できる氷は限定されています。

大きめの氷しか調達できない場合は、アイスピックやハンマーも用意できると良いでしょう。

アイシングに適した氷の見極め方は、以前の記事を参考にしてください。

ビニール袋 または 氷のう

基本的に下記理由により氷のうよりもビニール袋の方がおすすめです。

特徴ビニール袋氷のう
サイズの融通
多様

3種類
個数の融通
利く

利きにくい
使用後の処理

乾かす手間
衛生面
ディスポーザブル

原則は再利用
コスト
1枚3円程度

1個300円程度
水漏れ
破れることもある

破れにくい
携帯性
コンパクト

嵩張る
他の用途
様々な用途で可能

さほどない

ビニール袋

ビニール袋は様々な厚さと大きさのものがあります。

アイシングを目的としたビニール袋は下記のものを調達しておきます。

厚さ 0.02mm / 規格サイズ 12号

概ね、上記のビニール袋が用意できれば、汎用性もかなり高いものになります。

破れにくい袋を求めて、厚さ0.03~0.04mmのものを使用していたことがありますが、口が結びにくくて使いにくかった経験があります。

また、小さめの袋を使用すると口が結びにくいです。

対象部位が広い場合は、大きめの袋を使うより、複数作成して使用した方がよいです。

氷のう

サイズは主にS/M/Lの3種類です。

表に示した通り、融通が利きにくい上に、耐久性もまちまちのため、劣化すると水漏れすることもあります。

スポンサーリンク

アイスパックを作ろう

アイスパックの作り方です。

アイスパックを作る手順
  • STEP1
    ビニール袋に氷を入れる
  • STEP2
    氷を平らに並べる
  • STEP3
    空気を抜く
  • STEP4
    袋の口を縛る

ビニール袋に氷を入れる

ビニール袋に氷を入れます。

氷の量はビニール袋に対して3分の1程度にしておきましょう。

あまり多すぎると口を縛ることができません。

1/3よりも多く入れると結び目が作りにくくなるため注意!写真のビニール袋はNo.13サイズ、厚さ0.02mm。氷の形状はフレークアイス。

氷を平らに並べる

体表にフィットしやすいように氷を平らに並べます。

フレークアイスやピックアイスは3~4cmの厚みができるように、キューブアイスやハーフキューブアイスは1列に、ともに極力隙間ができないように丁寧に並べましょう。

フレークアイスは溶けるのも早いため、厚みを意識して作るとよい。

空気を抜く

平らに並べたら、親指と人差し指で輪っかを作り、輪っかの中に袋の口側を通します。

極力、氷に近いところを持ったら、口をつけて密着させ、口から空気を吸って袋の空気を抜きます。

空気を抜いたら、空気が入らないようにビニール袋を捻じっていきます。

口をつけて吸い込み、空気が抜けないようにしっかりと捻じる。

この時、袋の表面が氷に密着し、氷の形がはっきりとわかるくらい、かなり強く吸い込みます。

氷の形状が浮き出るくらい、強く空気を抜けると良い。

袋の口を縛る

キューブアイスやハーフキューブアイスなど、大きめの氷を使用する際は、結び目の位置を調節すると患部にフィットしやすくなります。

下記のように使い分けましょう。

冷却部位の特徴具体的な冷却部位結び目の位置
平らな部位、なだらかな曲面背中、腰、太もも氷に近いところにつくる
細い部位、凹凸のある部位肩、肘、手首、膝、足首など氷から遠いところにつくる

部位に合わせた形にフィットさせる

フレークアイスやピックアイスはフィット感もよく、部位の形状に合わせやすいです。

キューブアイスやハーフキューブアイスは部位に応じて結び目の位置を調節してフィットさせてください。

しっかりと空気を抜いておくと形状が崩れにくく、曲面にもフィットする。
写真はフレークアイスのため、結び目が氷に近いところにあってもフィットしやすい。

20分間ほど患部にあてる

患部に急性炎症が起こっている場合は、患部を覆うように直接アイスパックをあてます

最初は冷たく感じますが、徐々に冷たさを感じなくなります。

冷たさを感じなくなったところで、アイスパックを外しましょう。

袋の中に空気が残らないようにする

袋の中に空気が残ると、氷が溶けてきた際に、空気で冷却部位にムラができてしまいます。

この冷却のムラができないように、空気はしっかりと抜きましょう

まとめ

アイシングをするにはビニール袋がお勧め
お勧めのビニール袋のサイズは、厚さ0.02mm、No.12
手順通りにつくる
空気はできるだけしっかりと抜く

上記のことができれば、トレーナーがつくるようなアイスパックはできるよ。

作るのに時間がかかって氷がどんどん溶けていっちゃうよ。

手早く作るのもトレーナーのスキルなんだ。慣れてくると20秒に1個くらいできるよ。

そんなにはできない…。頑張ります。

でも、アイスパックは患部に固定する必要があるよね?

よく気付いたね。アイスパックの固定法については、後日記事をアップするね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました