現場実習も変わる!?JSPO-AT新カリキュラムの変更点

現場実習も変わる!?JSPO-AT新カリキュラム変更点 資格のこと
スポンサーリンク

今回は日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)の新カリキュラムにおける現場実習の変更点についてまとめています。

スポンサーリンク

担当できるのは「現場実習指導者」のみ

新カリキュラムにおいて、現場実習を担当できるのは「専任教員(現場実習指導者修了者)」「現場実習指導者」のみとなります。

同一年度にて指導できる実習生の総数の内訳は下記の通りです。

専任教員(現場実習指導者修了者):36名以内
現場実習指導者:24名以内

現カリキュラムでの現場実習は、2年以上の現場経験のあるJSPO-AT(12名以内)、JSPO公認スポーツドクター(24名以内)、専任教員(主:36名以内、副:24名以内)が担当することができました。

現場実習指導者になるためには、JSPO-AT資格認定・登録後5年以上で現場実習指導者講習会を修了する必要があります

現時点では、令和5年度の現場実習指導者講習会の予定は発表されていません。

現場実習指導者については、下記記事でも一部紹介しています。

スポンサーリンク

現場実習のカテゴリー

新カリキュラムにおいては、見学実習30時間以上、総合実習150時間以上となります。

見学実習30時間を終えて、総合実習に進むという単純な構造ではなく、「現場実習チェックリスト」に基づいて現場実習指導者の確認を受けながら進められていくようです。

スポンサーリンク

習熟度別に階層化されている

総合実習はさらに「経験」と「実践」の2つに分けられています。

見学実習JSPO-AT現場実習指導者の監督の下、定められた項目に関する内容を見て学ぶこと
総合実習(経験)定められた項目に関する内容をJSPO-AT現場実習指導者とともに実習すること
総合実習(実践)JSPO-AT現場実習指導者の監督の下、定められた項目に関する内容を自分自身で実施すること

実習項目については、総合実習(実践)を中心に行うことが求められています。

現場実習内で行った項目が「経験」に該当するか「実践」に該当するかは、現場実習指導者が判定し、「現場実習チェックリスト」の項目ごとに現場実習指導者の署名をしていく形式になっています。

カテゴリー別時間数

現場実習時間は180時間(実時間数)以上実施することは、現カリキュラムと変更はありません。

但し、6)環境に応じた実習を除くすべての項目を修得することとし、かつ以下に定める時間数以上を実施することとされています。

1)JSPO-ATの役割(10時間)
2)安全・健康管理およびスポーツ外傷・障害の予防(40時間)
3)コンディショニング(50時間)
4)リコンディショニング(45時間)
5)救急対応(35時間)
6)環境に応じた実習

上記、1)~ 5)のカテゴリーのうち、JSPO-ATの役割を除く 4カテゴリーにおいては、最低時間数の8割は実践とすることが望ましいとされています。

これらの条件は、実技確認テストを受験要件になっています。

つまり実技確認テストを受けるにあたっては「現場実習チェックリスト」がすべての条件を満たしていることが必要とされています。

JSPO-ATの役割

このカテゴリーは見学実習のみで、10時間以上を必要とします。

主となる実習場所でのJSPO-ATの活動
対象者の年齢や性質に応じたJSPO-ATの活動
JSPO-ATを取り巻く医・科学スタッフおよびアントラージュの関わり
JSPO-ATによるリスクマネジメント

安全・健康管理およびスポーツ外傷・障害の予防

このカテゴリーは、見学実習および総合実習で、40時間以上を必要とします。

安全・健康管理およびスポーツ外傷・障害の予防

スポーツ環境におけるリスクの把握と整備 
重篤なスポーツ外傷・障害・事故の予防
スポーツ活動現場における感染症対策
対象者のコンディションの把握とデータ活用
再発予防としての動作の見方
競技・種目特性、対象者特性を踏まえたスポーツ外傷・障害予防の取り組み
対象に応じたテーピング

コンディショニング

このカテゴリーは、見学実習および総合実習で、50時間以上を必要とします。

コンディショニング

パフォーマンス向上に向けた各種測定と評価指標の活用
対象・目的に応じたプログラムの計画
ウォームアップ リカバリー
動作の評価に基づいたエクササイズ指導
競技・種目特性および体力特性に応じたコンディショニング

 ①ストレングス
 ②スプリント
 ③アジリティ
 ④エンデュランス
 ⑤バランス
 ⑥ストレッチング

リコンディショニング

このカテゴリーは、見学実習および総合実習で、45時間以上を必要とします。

リコンディショニング

リコンディショニングに必要な検査・測定及び評価結果の活用
対象に応じた道具を用いたアプローチ

 →テーピング、インソール、ブレース(装具)
リコンディショニングエクササイズの実践
 →筋力、関節可動性・柔軟性、バランス機能、全身持久力、スポーツ動作、姿勢、アライメント、体重管理
部位ごとの状態に応じたリコンディショニング

 →頭頚部、胸部、腰部、肩、肘、前腕、手関節、手、骨盤帯、股関節、大腿部、膝関節、下腿部、足関節、足部、パラスポーツ実践者
スポーツ動作の問題に対するリコンディショニング
 →歩、走、跳、方向転換、投球、打撃、泳、あたり、滑走

救急対応

このカテゴリーは、見学実習および総合実習で、35時間以上を必要とします。

救急対応

緊急時対応計画の立案・作成
緊急時の状況把握および対象評価と救急対応
対象者に応じた運搬法
実習環境に応じた救急対応

 →創傷・出血、打撲、捻挫、肉ばなれ、骨折・脱臼、脳振盪、頭頚部・脊椎における重症外傷、特殊な外傷、熱中症、その他の内科的疾患に関する救急対応
実習環境に応じたの救急体制の構築

環境に応じた実習

このカテゴリーは、見学実習および総合実習ですが、時間数の設定はありません。

これらの項目は、実習現場によっては一度も遭遇しないこともありますので、時間の設定をしていないものと思われます。

環境に応じた実習

アンチ・ドーピング教育やドーピングコントロールの実際
ICTの活用
一次救命処置(心停止)
緊急時における初期評価、体位管理と保温

JSPO-AT新カリキュラムに関するリンク

まだまだ不明確な情報が多いのは事実です。

詳細な情報がわかり次第アップしていきます。

資格のこと
スポンサーリンク
ひゅーをフォローする
スポンサーリンク
ユリーカスポーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました