JSPO-AT新カリキュラムの理論試験と実技試験、どう変わるか

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)新カリキュラムの理論試験と実技試験、どう変わるか 資格のこと
スポンサーリンク

新カリキュラムの理論試験や実技試験はどんな方式になるの?

理論試験はCBT方式、実技試験は実技確認テストとなり、学校実施型になるよ。

え?CBTって何?

Computer Based Testingの略。

最近ではこの方式を取り入れる資格試験も増えているんだよ。

今回は、新しい理論試験と実技確認テストについて紹介するね。

わーい!

スポンサーリンク

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーとは

毎回おなじみになりますが、過去の記事を参照にしてください。

スポンサーリンク

現行の理論試験と実技試験

こちらも過去の記事にて紹介していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

新しい検定試験になるタイミング

最も早い試験は2023年度、養成コース(既存のトレーナーを対象とした講習会)で行われます。

免除適応コース承認校(大学や専門学校)のうち、2年制の専門学校で新カリキュラムをいち早く導入した学校では、2024年度に新しい検定試験を受けることになります。

新カリキュラムに移行する期間は学校によって異なります。

新しい検定試験

新しい検定試験は実技確認テストを修了した後、理論試験に合格する流れとなります。

実技確認テストは学校内で行われる

試験会場は免除適応コース承認校、つまり、在学している大学や専門学校で試験が行われます。

実技確認テストは在学中に限り、何度も受験可能です。

検定員

検定員条件
検定員1免除適応コース承認校の専任教員
検定員2JSPOから承認を受けた者
競技者モデルJSPO-ATの有資格者

検定員2は、その学校で授業などを受け持っていない者で、JSPOから派遣された検定員となります。

競技者モデルはJSPO-ATの有資格者であれば卒業生でも可能とされています。

評価のポイント

カテゴリー評価内容

救急対応
①状況把握のための情報収集力
(状況からみた評価項目の理解と適切な手順)
②対象部位の機能評価
(機能評価に必要な ROM・MMT の実施)
③情報収集・評価実施時のリスク管理
(手技の事前説明、痛みの確認、病態を悪化させない配慮)
④スポーツ外傷・障害に対する救急対応
(正しい手順・方法での救急対応[安静肢位・固定肢位・固定方法の選択、RICE 処置])
⑤評価結果及び救急対応のプレーヤーへの説明
(適切な言葉でプレーヤーに病態の説明)

コンディショニング
リコンディショニング
① 評価実技能力
(コンディショニング・リコンディショニング処方に必要な機能評価のスキル)
②プログラム作成能力
(外傷・障害特性・競技特性・フィットネスレベルにあわせたプログラム作成)
※プログラムとは複数のエクササイズメニューで構成されているもの
③エクササイズ指導能力
(エクササイズの適切な実技指導)
④説明・コミュニケーション能力
(評価、エクササイズ指導及びリスク管理における必要なコミュニケーション)
⑤リスク管理能力
(外傷・障害特性、競技特性、フィットネスレベルを考慮した症状増悪や二次損傷のリスク回避)

安全・健康管理とスポーツ外傷・障害予防
①外傷・障害の理解とテーピングの種類・手技の選択
②ポジショニングの適切さ
(プレーヤーの姿勢の配慮、リスクの配慮、巻く側の姿勢)
③テープを巻く範囲
(アンダーラップ・アンカー・サポートテープの位置、方向、角度)
④適切な張力で効果的なテーピングの実施(たるみ、しわ、食い込み)
⑤手早く綺麗なテーピングの実施
(時間、仕上がりの綺麗さ、全体としてフィットしているか)

今のところ、語句の修正はあるものの、内容に大きな変更はありません。

理論試験はCBT

理論試験は実技確認テストが修了した者が受験できます。CBT方式に変更される予定です。

CBT

Computer Based Testing(CBT)による五肢からの選択式で行われるようです。

CBTは全国47都道府県にあるテストセンターで試験を受ける形式です。

試験期間内に各自で会場、日時を申し込み、受験をします。

テストセンター内のパソコンで行う試験のため、ある程度の慣れも必要です。

出題内容

科目出題内容問題数試験時間受験料
基礎①人体の解剖と機能
②スポーツ科学
③スポーツ医学
④JSPO-AT の役割
⑤検査・測定と評価
⑥アスレティックトレーナーとしての基礎的知識
80問2時間11,000円
応用①安全・健康管理とスポーツ外傷・障害の予防
②コンディショニング
③リコンディショニング
④救急対応
⑤アスレティックトレーナーとしての応用的知識
80問2時間11,000円

合格の考え方

基礎/応用の各科目7割以上の正解をもって合格となります。

どちらか一方の科目が7割に満たなかった場合、次回以降の検定において当該科目のみ再受験可能です。

検定期間

今のところ、10月~11月と、4月~5月の年間2回行われる予定のようです。

1年に2回の受験チャンスがありますが、以前の記事に記載の通り、4年間で受験資格が消失します。

4年間で合格できなかった場合、もう一度、免除適応コース承認校に入学しなおすか、養成コースを受講しない限りはJSPO-ATの試験は受けられなくなります。

理論試験は80問ずつに縮小されるんだ。

この先も公開されるんだよね?

CBT方式に変更後に公開しないことになるようだよ。

えー、そんなー。対策しにくくなるね。

新カリキュラムへの移行スケジュールもある程度わかってきたから、今後の記事で紹介していくね。

資格のこと
スポンサーリンク
ひゅーをフォローする
スポンサーリンク
ユリーカスポーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました