若年者の周囲から喫煙者を排除せよ!常習喫煙者の9割が18歳までに喫煙を始めている

若年者の周囲から喫煙者を排除せよ!常習喫煙者の9割は18歳までに喫煙を始めている スポーツ現場
スポンサーリンク
スポンサーリンク

喫煙者の9割が18歳までに喫煙を始めている

米国の2012年の研究論文では、成人の常習喫煙者の88%が18歳までに、99%が26歳までに喫煙を開始していると報告されています。

この米国の論文では高校生の4人に1人近くが喫煙者であることが明らかになっています。

Preventing Tobacco Use Among Youth and Young Adults: A Report of the Surgeon General

スポンサーリンク

若者が喫煙を始める要因

上記のように、若者が喫煙を始める理由については、下記の要因が指摘されています。

社会経済的な状況
仲間や兄弟などの間で喫煙が認められている
親など保護者が喫煙する
たばこ製品の入手可能性や値段
喫煙の受け止められ方(喫煙が特に問題にならない)
学校での喫煙規制が不十分
親の支援や関与が少ない
学業面での達成状況が低い
喫煙をすすめるような影響を避ける技術に乏しい
自己イメージ、自己評価が低い
たばこの良い効果を信じる
喫煙のすすめを断る際の自己効力感が低い

周囲に喫煙者がいたり、周囲から喫煙が容認されていることが、若者の喫煙を始めるきっかけになっているようです。

スポンサーリンク

日本の若者がたばこを始めるきっかけ

国立がん研究センターの調査によると、20歳になったときにたばこを吸ってみたいと思ったきっかけの1位が「家族がたばこを吸っていて、たばこが身近にあったから」。

次いで「友人や知人にすすめられたから」37.3%、「たばこを吸っている人を見て、真似をしたいと思ったから」26.4%の順となりました。

成人年齢とたばこについての世論調査結果 国立がん研究センター 2022より引用

若年層の喫煙開始を防ぎ、喫煙率を下げるためには、子どもの周りでたばこを吸わないたばこを見せないことが重要です。

減り続ける成人喫煙者率

現在習慣的に喫煙している者は16.7%、男女別にみると男性 27.1%、女性 7.6%です。

この10年間でみると、いずれも有意に減少しています。

年齢階級別にみると、30~60歳代男性ではその割合が最も高く、約3割が習慣的に喫煙しています

成人喫煙率(厚生労働省国民健康・栄養調査)

未成年の喫煙も減少傾向

1996年から2014年にかけての全国調査によると、中学生および高校生全体の喫煙率は減少傾向にあります。

未成年の喫煙

中学生・高校生の喫煙経験率の推移 健康ネットより引用

1996年と比較すると、どの世代も2014年には5分の1ほどにまで減っています

未成年の喫煙率は学年が上がるにつれ上昇する

男女とも学年が上がるにつれ下記の項目がいずれも上昇することがわかっています。

・喫煙経験率
・月喫煙者率(この30日間に1日でも喫煙した者)
・毎日喫煙者率

たばこ税増税は一定の効果、タスポは効果なし

日本では2008年3月にたばこを購入する際に成人であることを確認するICカード「タスポ」を導入し、7月には自動販売機の導入が完了しています。

たばこ税については、1998年に創設されて以来、2003年、2006年、2010年、2018年、2020年と増税されています。

未成年者の喫煙者が減少するなど、一定の効果が示せていましたが、タスポを「家族以外から借りた」者が多く、本来のタスポ機能はすでに失われていることが示唆されています。

未成年の喫煙・飲酒状況に関する実態調査研究(3.59MB)

喫煙者の半数以上がやめたい、本数を減らしたい

厚生労働省の令和元年国民健康・栄養調査報告によると、「やめたい」と回答した人は男性約25%、女性約30%。

「本数を減らしたい」と回答した人を合わせると、男女とも半数以上が今よりも喫煙を減らしたい、やめたいと思っているということがわかります。

令和元年国民健康・栄養調査報告 2020年 より作図

若者の喫煙を予防・減らすための対策

前出の論文では、下記の3つの取り組みにより若者の喫煙開始を予防したり、減らしたりする効果があるのではないかと言われています。

・メディアや地域プログラムを使った反タバコ広告
・タバコの値上げ
・学校での禁煙教育プログラム

禁煙しよう!

喫煙習慣のある人は、まずは煙外来を受診してみましょう

一人で禁煙するよりも、無理なく禁煙を継続することができます。

現在の段階にあわせた禁煙プログラムは、下記リンク先を参考にしてください。

たばこ禁煙プログラム|公益財団法人健康・体力づくり事業財団

スポーツ現場
スポンサーリンク
ひゅーをフォローする
スポンサーリンク
ユリーカスポーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました