英語サイトを一瞬で日本語に!SafariやChromeで簡単に翻訳する方法

知恵袋
スポンサーリンク

英語のサイトはいろいろな情報を得られそうなんだけど、英語がなかなか読めなくて

Safari や Chrome ならブラウザの機能で簡単に翻訳できるよ!

今回は海外のサイトを日本語に翻訳する方法を紹介するね。

わーい!

スポンサーリンク

Safariの日本語翻訳

日本国内のモバイルのWebブラウザの中で1番使用されているのがSafariです。

モバイルでのSafariの世界シェアは23.6%、日本国内で61.7%です。(2022年12月現在)

参考:Browser Market Share Worldwide

翻訳の精度も比較的良く、日本のサイトのように閲覧することができます。

まずはiPhoneのSafariを使った日本語に翻訳する方法を紹介します。

今回は National Institutes of Health の Acupuncture : What You Need To Know ページを使します。

Safariで英語サイトを日本語に翻訳

まずサイトを開き、URL左の「ぁあ」をタップします。

「日本語に翻訳」をタップすると、あっという間に日本語サイトのように変換されます。

Safariの日本語の翻訳を戻す方法

URLバー左側にある「A本」アイコンをクリックし、「原文を表示」をタップすると元の英語サイトに戻ります。

スポンサーリンク

Chromeの日本語翻訳

日本国内においてデスクトップのWebブラウザの中で最も使用されているのがChromeです。

デスクトップのChoromeの世界シェアは66.2%、日本国内でも60.4%です。(2022年12月現在)

参考:Browser Market Share Worldwide

こちらも翻訳の精度も比較的良く、日本のサイトのように閲覧することができます。

Chromeで英語サイトを日本語に翻訳

まずは、英語サイトを開きます。

参照ページ:https://www.nccih.nih.gov/health/acupuncture-what-you-need-to-know

次に右クリックから「日本語に翻訳」を選択します。

参照ページ:https://www.nccih.nih.gov/health/acupuncture-what-you-need-to-know

すると、あっという間に日本語サイトのように変換されます。

日本語の翻訳を戻す方法

URLバー右側にある翻訳アイコンをクリックします。

英語をクリックすることで元のページに戻ります。

「英語を常に翻訳」にチェックを入れることで、ページを開く際に英語のサイトを日本語ページのように開くこともできます。

スポンサーリンク

日本語にならないときの対処法

SafariもChromeも日本語にならないときや、日本語に戻せないときがあります。

そのような時はページを更新(再読み込み:リロード)しましょう。

ページ読み込み中に変換できないことが多いため、読み込みが完了してから翻訳機能を利用することをお勧めします。

テキストデータなら簡単に翻訳できる

テキストデータのページであれば、簡単に翻訳することができます。

また、最新の論文はWebページで探すことが主流となっています。

Web上で論文を探す方法については、下記サイトで紹介しています。

今回は2つのブラウザでの翻訳の手順を紹介したけど、Microsoft Edgeも同様の手順で翻訳できるよ。

海外のサイトでネットサーフィンも気軽にできるね!

これからたくさん海外のサイトを覗いてみる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました