最短でJリーグのトレーナーになる方法

最短でJリーグのトレーナーになる方法 サッカー 鍼灸マッサージ指圧師 資格のこと
スポンサーリンク

プロ野球チームのトレーナーについては以前の記事が参考になったけど、Jリーグはどうなの?

実は、Jリーグも公式ホームページにトレーナーの募集が出ているんだ。

最短でトレーナーになりたいのなら、

第一に「あん摩マッサージ指圧師」の免許を取ること。

第二に「はり師」「きゅう師」の免許を取ること。

そして、「アスレティックトレーナー」の資格を取ることかな?

その通り!だんだんわかってきているね!

でもなんでその資格が必要なの?

では、今回はJリーグのトレーナーになるために、その資格が必要な理由について紹介するね。

わーい!

スポンサーリンク

Jリーグが求めるトレーナー像

プロ野球と比較すると公募は少ない

これまで、Jリーグ界のトレーナーは特定の治療院からスタッフが派遣されているケースが多く存在していました。

いまだに、紹介や人脈といったいわゆるコネクションがカギを握っている傾向があります。

ただ、ここ最近は、トレーナー募集がJリーグチームの公式ホームページでされるようになっています。

最短でプロ野球のトレーナーになる方法については下記の記事をご覧ください。

Jリーグに所属するトレーナーの保有資格

J1およびJ2のトレーナーの保有資格を調査した結果がこちらです。

社会鍼灸学研究 2014 通巻9号「世界のトレーナー ワールドカップとJリーグ」より作図

J1およびJ2の180名のトレーナーのうち111名が鍼灸師78名があん摩マッサージ指圧師です。

10年以上前のデータですが、他競技と比較して日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)の割合は多い印象です。

JSPO-ATについては、過去の記事でも紹介していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

Jリーグが鍼灸マッサージ師を求める理由

Jリーグにもトップチームとサテライト(セカンド)チームがあります。

スポーツ傷害やコンディション不良などが発生すると、トップチーム選手はサテライトチームでリハビリやコンディション調整を行います。

ケガをした選手はリハビリテーションの専門家である理学療法士の指導を仰ぎます。

柔道整復師は主に骨折・捻挫・脱臼・打撲等の「スポーツ外傷」を扱う専門家になります。

しかし、それ以外の選手。つまり、中心選手やケガをしていない選手は、疲労回復やコンディション管理が重要になります。

そこで活躍できるのが鍼灸マッサージ師です。

鍼灸マッサージ師は対象とする選手の層が広いわけです。

チーム選手層鍼灸マッサージ師理学療法士柔道整復師
トップ中心選手
サテライト
セカンド
サブ選手
リハビリ選手
調整中選手






柔道整復師は外傷を扱うが、チームドクターがいるようなプロチームでは、立場が不明瞭になりやすい
スポンサーリンク

球団はマルチプレイヤーを求める?

専門的なスタッフを複数採用するのも一つかもしれません。

しかし、多数の良い人材を集めるには、資金的な限界もあります。

また専門家同士で意見が割れた際に収集がつかなくなることも考えられます。

チームとしては、できるだけ収まりのよい人数で、できる限りマルチに動ける優秀な人材をもとめているのだと思います。

鍼灸マッサージの資格の取り方

鍼灸マッサージ師資格の取り方については、過去の記事を参照にしてください。

Jリーグも鍼灸マッサージの資格が必要なんだね。

以前の記事でも紹介されているから参考にしてね。

だったらオリンピックアスリートは鍼灸マッサージ師を求めているの?

次回、オリンピックの日本代表選手団のトレーナーの保有資格も紹介するね。

資格のこと
スポンサーリンク
ひゅーをフォローする
スポンサーリンク
ユリーカスポーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました