最新版JSPO-AT検定試験合格率|理論試験と実技試験の合格率

最新版日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)理論試験実技試験合格率 資格のこと
スポンサーリンク

今回はJSPO-AT理論試験および実技試験の合格率を紹介します。

スポンサーリンク

JSPO-AT試験種別ごとの合格率

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)検定試験を理論試験と実技試験に分け、2017年から2022年の5年間の推移を下記にまとめました。

JSPO-AT合格率の傾向

理論試験合格率 20~30%
実技試験合格率 70~80%

本サイト調べの数値です。
養成コースの合格率は含んでいません。

この5年間は横ばい傾向です。

直近の新規受験者数は1,400名程度、合格者数は250名~300名程度で推移しているとみられます。

今の実技試験形式になった当初は実技試験の合格率は50%を割っていました。

現場実習180時間の導入や、各校での試験対策がしっかりとなされた成果もあり、70%まで増加しています。

2017年以前の10年間の合格率については下記の記事から

スポンサーリンク

理論試験合格率と実技試験合格率

理論試験と実技試験の合格率の傾向を見てみましょう。

合格率の傾向

理論試験 20~30%前後
実技試験 70%前後

理論試験の合格率は20~30%とやや低い傾向です。

10年間の合格率は横ばい傾向にあります。

220問、5肢選択問題、正答率概ね7割以上(必修問題は8割以上)という非常に難しい試験です。

理論試験については下記の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーとは

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)は、オリンピックやワールドカップなどの国際大会やプロ球団など、トップアスリートを支えるトレーナーに必要な資格です。

この資格についての詳細は下記の記事で紹介しています。

新カリキュラムについては下記の記事を参考にしてください。

資格のこと
スポンサーリンク
ひゅーをフォローする
スポンサーリンク
ユリーカスポーツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました